スタッフブログ

4月, 2016年

ホッコリしてみては❤

2016-04-26
duck2016-p35

大阪狭山市にある狭山池。国内最古のダム式ため池だそうで、今年築造1400年だとか。記念行事の目玉の一つが、巨大アヒルの【ラバーダック】ところが、17日の強風で、空気が抜けてペチャンコに(´;ω;`)ウ…続きを読む

新型出生前検査2万7600人

2016-04-26
IMG_1822

昨日の読売新聞の夕刊に、2013年4月から2015年12月までに新型出生前検査を受けた方の数が27600人だったことが記事になっていました。新型出生前検査は、妊婦の血液に含まれる微量の胎児のDNAを分…続きを読む

卵巣予備能は遺伝だけではない?

2016-04-21
コウノトリ

イギリスでの調査で、卵巣予備能は生まれつきのものではないらしいということがわかってきたようです。遺伝より幼少期の環境の関与が大きいという結果が出ているそうです。人の性格も【持って生まれたものなのか、環…続きを読む

ジカ熱はやや恐ろしい…と

2016-04-14
キャラクターデータ

11日、アメリカ・ホワイトハウスで記者会見した【アメリカ疾病対策センター】の副所長、アン・シンチャット氏は、ジカ熱に対して【やや恐ろしい】という表現を使いました。妊娠初期のみならず、妊娠全期間を通して…続きを読む

染色体異常だけではないのです

2016-04-12
コウノトリ

体外受精を受けても、着床に至らない場合や流産になるケース。海外で行われている受精卵(胚)の染色体をすべて検査する着床前診断で正常な胚盤胞を移植する場合でも妊娠率は70% 流産はおよそ5%正常胚を移植し…続きを読む

16.6%は 高い?低い?

2016-04-07
imagesYO7D1O76

ジカ熱に感染した人が帰国後、他人にウイルスをうつす二次感染が年内に起こる可能性を西岡博、北海道大学教授(理論疫学)がまとめ英科学誌に発表されました。それが16.6%。国内で感染が起きる可能性は少ないと…続きを読む

コウノトリの卵が…

2016-04-06
コウノトリ

先日、話題にしました鳴門市の野生コウノトリの産卵。その後つがいで仲良く抱卵していたのに、なんと、カラスに卵を奪われた映像が…残念ですが、抱卵を止めてしまったみたいです。コウノトリに流産はないでしょうが…続きを読む

Copyright(c) 2016腸内環境・子宝相談のイシダ薬品 All Rights Reserved.