トップページ > 血液・血管元気相談
血液・血管元気相談

血液・血管元気相談腸内環境・子宝相談のイシダ薬品

血液の成分の画像

◎ 血液の成分と役目について

血液は体重の約12分の1~13分の1(7~8%)を占めます。血液はその45%が赤血球、白血球、血小板などの細胞成分で、残り約55%は液体成分である血漿(けっしょう)からなっています。

赤血球
赤血球はヘモグロビン(血色素(けっしきそ))によって酸素の運搬を行います。赤血球は血色素中の酸素の量によって、動脈血(鮮紅色)と静脈血(暗赤色)とで色の差が生じます。
白血球
白血球は体内に入った細菌や異物を処理し、体を守るはたらきをします。
リンパ球
白血球のひとつで、免疫グロブリンを産生して血液中に供給し、抗原性(こうげんせい)細胞を攻撃破壊します。
血小板
血漿の中の成分と一緒にはたらいて、血液の凝固(ぎょうこ)や止血の作用をします。
血漿
血漿の約90%は水で、それ以外には主に蛋白質(血漿蛋白)が含まれます。血漿は全身をめぐって、栄養素やイオン、水、ホルモンなどを運び、不要物や余分な水を持ち帰ります。また、体温調節作用、体の保護、止血作用などのはたらきをします。

血管壁の構造の画像

◎ 血管の構造について

血管は、内膜、中膜、外膜の3層からなっています。動脈の壁は拍動性の血流と血圧に耐えられるよう厚く弾力があり、内部の圧が減っても丸い形が保てるようになっています。静脈の壁は薄く柔らかです。

動脈
心臓から出た血液を末梢(まっしょう)に運ぶ血管で、中膜の平滑筋(へいかつきん)と弾性線維(だんせいせんい)により伸縮性と弾性があります。末端は枝分かれして細くなっており、これを細動脈といいます。
静脈
毛細血管に続き、血液を心臓に送り返す血管で、中膜の平滑筋が少なく弾性も乏しくなっています。始まりの部分は細静脈といいます。場所により内膜に半月状の静脈弁を持ち血液の逆流を防いでいます。皮下組織内を走行する静脈を皮静脈と総称しています。
毛細血管
細動脈と細静脈とを結ぶ網目状の血管で最も細い血管(5~20μm)です。壁は単層の内皮細胞からなり、平滑筋はありません。壁の細胞のすきまを通して、血管内の血液中と組織の間で、栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物(ろうはいぶつ)などの物質交換が行われます。

◎ 動脈硬化とはどんな病気か

 体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。この動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。
 動脈硬化は、(1)粥状(じゅくじょう)硬化、(2)細動脈(さいどうみゃく)硬化、(3)中膜(ちゅうまく)硬化の3種類に分類されます。動脈は内膜、中膜、外膜の三層からなっていますが、(1)は太い、または中等度の太さの動脈の内膜に、(3)は中膜に主に変化が起きます。一方、(2)は末梢の細い動脈が硬化するものです。臨床的に問題になるのは(1)と(2)です。

◎ 原因は何か

 臨床的に最も重要である粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化で、動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫(じゅくしゅ)(アテローム)ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなります。粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈は完全にふさがります。
 粥腫のもとになる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、動物性脂肪に多く含まれています。一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、動脈硬化を抑える作用があります。中性脂肪も動脈硬化を促すといわれています。中性脂肪値は、糖分やアルコールの摂取などで上昇します。
 細動脈硬化は、脳や腎臓のなかの細い動脈が硬化して血液が滞る動脈硬化です。高血圧が長く続いて引き起こされます。
 動脈硬化を起こしたり、進めたりする原因を“危険因子”と呼びます。脂質異常症(高脂血症)、高血圧、糖尿病、喫煙、高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)、肥満、運動不足、ストレス、遺伝素因などがあげられます。
 また、これらの危険因子は相互に関係しており、因子が増えれば雪ダルマ式に動脈硬化の危険性が高まります。治療にも予防にも、これらの危険因子を減らすことが大変重要です。

◎ 動脈硬化が起こりやすい病気

動脈硬化は全身の動脈で起こりますが、とくに起こりやすい部位と病気を簡単に説明します。 脳梗塞
 詳しくは、それぞれの病気の項をみてください。

(1)脳卒中(のうそっちゅう)
 脳卒中は、(のうこうそく)や脳出血(のうしゅっけつ)など脳の血管の血流障害によって起こる病気の総称です。

 脳の動脈硬化により血流障害が起こると、めまい、頭痛、耳鳴りが生じ、記憶力が低下し、気が短くなったり、怒りっぽくなります。ボケなどの症状も現れやすくなります。完全に血流が途絶えると脳梗塞に、もろくなった血管が破れて出血すると脳出血になります。

(2)狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)
 心臓に酸素や栄養素を運んでいる冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓の血流量が減るため、運動時に胸の痛みや息苦しさを感じるようになります。これが狭心症です。さらに粥腫が破れて冠動脈が血栓で完全に詰まった状態になった場合を心筋梗塞といいます。
(3)大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)
 動脈硬化により胸部や腹部の大動脈の一部がふくれてこぶのようになったものを大動脈瘤といいます。こぶが徐々に大きくなり、ついに破裂して大出血を起こし、死亡することがあります。
(4)腎硬化症(じんこうかしょう)
 高血圧が長期間続くと腎臓のなかの細い動脈に硬化が起こり、腎機能が衰えてきます。夜間に何度も小便に起きるようになり、色の薄い尿がたくさん出ます。高血圧が急にひどくなることもあります。
(5)閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
 動脈硬化が下肢の動脈に起こり、血流が滞ると、足がしびれたり、冷たく感じたり、歩行中に痛くなったりします。

◎ 検査と診断

 危険因子の検索を行います。まず、血圧測定で高血圧の有無を調べます。血液検査では、血液中のコレステロール、中性脂肪、糖、尿酸の量を測定し、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症などがあるかどうかを調べます。血液の流れる速度(脈波伝搬(みゃくはでんぱん)速度)を測定することにより動脈硬化の程度を推定することができます。

 さらに、動脈硬化の起こっている部位を特定するための検査を行います。眼底検査により網膜の動脈の変化をみます。網膜に細動脈硬化がみられる場合は、ほぼ同程度の細動脈硬化が脳の動脈にも起こっている可能性があります。

 頸(けい)動脈、大動脈、腎動脈や下肢動脈の粥状硬化は、CT、MRIや超音波検査で調べます。血管造影検査が必要な場合もあります。冠動脈の硬化は、運動負荷検査や心臓カテーテル検査で調べます。

◎ 治療の方法

 まず、食事や運動などの生活習慣を変えることで、危険因子を除去することが、動脈硬化による病気の治療、予防に重要です。

(1)運動
 肥満は動脈硬化の進行を早めるので、食べすぎに気をつけるとともに、日ごろから体を動かすことが大切です。ウォーキングや軽いジョギングを毎日続けると中性脂肪が減り、善玉コレステロールが増え、動脈硬化に対する予防的、あるいは治療的な効果があります。運動は高血圧や糖尿病の予防にもなります。
(2)食事療法
 動脈硬化の発症、進行を早める肉、卵、バターなどの動物性脂肪をとりすぎないように注意します。マーガリンやサラダ油などの植物性脂肪からできたものを利用し、蛋白質では魚肉や大豆を増やすようにします。

 イワシ、サバ、サンマなどの青魚には、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させて、血液が固まりにくくする作用があります。また、食物繊維は小腸でコレステロールの吸収を妨げて、排泄する作用があります。ゴボウなどの野菜、海藻類、キノコ類、コンニャクなどに多く含まれていて、肥満防止にもなります。

 塩分のとりすぎは高血圧、糖分のとりすぎは糖尿病などの原因になるため、注意が必要です。アルコールはほどほどにして、たばこはやめるのがいちばんです。

商品紹介

湧永田七分包

湧永田七分包健康補助食品

特徴
田七人参は中国雲南省で栽培されるウコギ科の植物で、その希少価値から「金不換」とも呼ばれています。
湧永製薬では1981年から雲南省の昆明植物研究所・広島大学と共同で田七研究を実施し、本製品の開発につながりました。
体調を整えたい方の健康維持に!
「湧永田七シリーズ」のなかで、田七人参単味のスティックタイプ分包です。

商品購入はこちら▶


熟田七りけつ

熟田七りけつ

特徴
田七人参は中国雲南省で栽培されるウコギ科の植物で、その希少価値から「金不換」とも呼ばれています。
湧永製薬では1981年から雲南省の昆明植物研究所・広島大学と共同で田七研究を実施し、本製品の開発につながりました。
体調を整えたい方の健康維持に!
ベニバナエキスを配合。

商品購入はこちら▶


人参牛黄カプセル

人参牛黄カプセル

特徴
「薬用人参」・「牛黄」配合。
滋養強壮作用、末梢血行改善作用のあるニンジンに強壮作用のあるゴオウを配合した飲みやすいカプセル剤です。

商品購入はこちら▶


ワクナガ紅参牛黄

ワクナガ紅参牛黄第3類医薬品/滋養強壮保健薬

特徴
滋養強壮作用や末梢血行改善作用などが認められている紅参(コウジン)と相性が良いとされる強壮生薬牛黄(ゴオウ)とを組み合わせた生薬滋養強壮剤です。
血流を活発にし、虚弱体質、肉体疲労、血色不良などの場合の滋養強壮にすぐれた効果を発揮します。日頃の健康保持にお役立てください。

商品購入はこちら▶


トコベール300E

トコベール300E第3類医薬品/滋養強壮保健薬

特徴
トコベール300Eは、ビタミンEの中でも効力(生理活性)が高い天然のビタミンE (d-α-トコフェロール)と、自律神経系を整えるγ-オリザノールを配合した医薬品です。
末梢の血液循環を改善することで、肩・首しずのこり、冷えなどを緩和します。
更年期にみられる不快な症状の緩和や月経不順に効果をあらわします。
小粒でのみやすいソフトカプセル剤です。

商品購入はこちら▶


プレビジョンビルベリー&DHA

プレビジョン ビルベリー&DHA健康補助食品

特徴
明るい毎日をサポート!
ビルベリー、DHA 含有精製魚油、ルテイン(マリーゴールド由来)を含有。
パソコンや読書、車の運転などで忙しい方にお勧めします。
「明日の健康のために、今日できること」 -それがプレビジョンです。

商品購入はこちら▶


松寿仙

松寿仙第3類医薬品/滋養強壮保健薬

自然治癒力を高める本物の自然薬
私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。これを自然治癒力あるいは恒常性維持能力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。
松寿仙は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松葉・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果をあらわす滋養強壮保健薬です。


紫華栄(シカロン)

紫華栄(シカロン)

紫華栄の特徴
私たちの体には、本来、生活における色々な刺激や変化に対し、生体の機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。この働きを自然治癒力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。 紫華栄は中国原産のシコン(紫根)をはじめ、トウキ(当帰)・ニンジン(人参)など7種の生薬エキスをヨクイニン(ハトムギの種子)末に混合した顆粒剤で、これらの有効成分の働きによって、肉体の疲労・冷え症・血色不良・虚弱体質・発育期・胃腸虚弱・食欲不振などにすぐれた滋養強壮効果を発揮します。


松康泉

松康泉

松節は通称「松瘤(まつこぶ)」といわれる樹皮が瘤状に増殖したものをいい、松の木自身が害虫や外傷による傷を治すために松の成分が集中して出来たものです。松の自己治癒成分を豊富に含んだ松節は優れた鎮痛効果があり、また強力な抗酸化作用により関節痛、リウマチ、神経痛、生理痛などの苦痛を改善する漢方の治療薬として昔から珍重されてきました。

商品購入はこちら▶


棗参宝

棗参宝

医療機関で絶賛されている棗(なつめ)を100g中17.8mg(プルーンの約100倍)含まれている棗参宝(そうじんほう)女性の強い味方です。
顔色が悪い・乾燥肌・眠りが浅い・髪にツヤがない・枝毛や抜け毛が多い・貧血になりやすい・爪が薄くて折れやすいなどの女性の悩みに最適です。

商品購入はこちら▶

Copyright(c) 2014腸内環境・子宝相談のイシダ薬品 All Rights Reserved.